Google検索で商品に対し予想配達時間と配送コストの構造化データをサポート開始

Google検索で商品に対し予想配達時間と配送コストの構造化データをサポート開始

Googleは、公式サイトのウェブマスターセントラルブログにて、2020年9月22日より、小売業者がGoogle検索結果の配送詳細を表示するための代替手段としてshippingDetails schema.orgマークアップのサポートを開始することを発表しました。

このマークアップ(構造化データ マークアップ)を利用することで、商品ごとに配送コストと配送に関する予想到達時間に関する詳細を追加できるようになります。

Googleは、送料等が原因でユーザーがショッピングを放棄することをうけ、配送予定時間や配送コストなどは購入を決定する際の重要な事項だと述べています。

発表は、海外のGoogle公式ブログからであり、(当社の調べでは)日本では未確認のマークアップ(現在は米国のみ、英語のみ)となっていますが、日本のGoogle検索に対応されることも近いと言えます。

また、Google検索の無料リストを含む、特定の結果タイプで送料情報を表示することが多いとのことです。マークアップ(構造化データ マークアップ)を行うためには、「Google検索 商品」を確認しておきましょう。

最後に

Google検索で「小売業者の出荷データに対する新しいSchema.orgサポート」を行うことによって、運営者にとって一番のメリットは、「Google Merchant Center(マーチャントセンター)」に限定されず、商品の詳細をGoogle検索と共有できる点です。

対象となる事業者やウェブサイト運営者は早めにこのマークアップの確認を行っておくことを推奨します。

Edit

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*

[Google Ads and peko]

 

SEO対策を考慮したおすすめのレンタルサーバーと選び方