MFI、アフィリエイトサイト、速度のランキング要因など【2020年3月3週目のSEOまとめ】

MFI、アフィリエイトサイト、速度のランキング要因など【2020年3月3週目のSEOまとめ】

皆さん、こんにちは!「SEO」の状況を毎週まとめてお送りさせていただくことにいたしました。毎週気になるSEO情報、対応した方が良いSEO情報を週1回のペースで更新していく予定です。

マーケティング担当者などで時間がない!と言う方は「この記事を読んでいただければある程度OK!」という状態までの内容をかけていけたらを考えています。

また、重要度の評価としては以下の通りです。

  • ★5・・・必ず全員対応・確認した方が良いこと
  • ★4・・・対応した方が良いこと
  • ★3・・・全員ではないがWebサイトの状況にによっては重要になりえること
  • ★2・・・知識として確認しておいてほしいこと
  • ★1・・・ただのコラム

以上の評価で行っていきます。

2020年9月に全サイトをモバイルファーストインデックス(MFI)へ移行!?

2020年9月に全サイトをモバイルファーストインデックス(MFI)へ移行!?

重要度:★★★★★5

2020年3月5日にGoogleウェブマスターセントラルブログ(英語)の中の「ウェブ全体のモバイルファーストインデックス作成を発表」で、2020年9月からすべてのWebサイトのモバイルファーストインデックス作成に切り替えることを発表した。

Googleが切り替えることを決めた理由としては、

  • 検索結果に表示されるサイトの70%はモバイルサイトにシフトしていること
  • Googleのランキング要因を簡略化するため
  • 検索結果に表示されるほとんどのサイトはモバイルファーストインデックス登録に適しているため

などを挙げている。

2020年9月までに是非一度、運営しているWebサイトをチェックしておこう。

詳しくは「GoogleがモバイルファーストインデックスのSEOで結果を得るために最も効率のよい方法を更新!」も合わせて確認してほしい。

 

アフィリエイトリンクについてGoogle社員が回答

アフィリエイトリンクについてGoogle社員が回答

重要度:★★★☆☆3

Googleのウェブマスタートレンドアナリストであるジョン・ミューラー氏はTeitterでユーザーからのアフィリエイトサイト(リンク)の質問に対し、回答を行い話題となった。

その内容は以下の通りだ。

過去にrobots.txtを使用してアフィリエイトリンクのクロールを防止してきたアフィリエイトサイトの場合、これらのrobots.txtディレクティブを解除してrel = “sponsored”を使用することをお勧めしますか?

という質問に対し、ジョンは以下のように回答している。

どちらの方法でも機能します(nofollowを使用する前は重要ではありませんでした)。個人的には、できるだけシンプルにしようとしています。サイトのアフィリエイトの性質を「隠す」必要はありません。アフィリエイト関係は結構です。

つまり、アフィリエイトのサイトであれ、リンクであれ、Googleに隠す必要はないということだ。

とは言え実際は順位が下がると考えているアフィリエイターも多いことは事実。検証して確認していくしかないであろう。

 

別タブで開くリンクには「rel=”noopener”」属性を!

別タブで開くリンクには「rel="noopener"」属性を!

重要度:★★★★☆4

Webサイトで別タブでリンクを開く場合、基本的には「target=”_blank”」を利用しているだろう。

しかし、Googleは「デベロッパーツール」で、

  • パフォーマンスの低下
  • セキュリティ上の弱体性

などを指摘している。

そのため、新しいタブでウィンドウを開く場合は必ず「target=”_blank” rel=”noopener”」属性を追加するように推奨している。ちなみに、WordPressのエディタではすでにその対応が出来ており、勝手に「rel=”noopener”」がついているので確認してほしい。

Webサイトを開発している場合はチェック項目となりえることのため、確認しておこう。

 

より詳細な速度がSEOのランキング要因になる可能性がある?

より詳細な速度がSEOのランキング要因になる可能性がある?

重要度:★★★★☆4

Googleのジョンミュラー氏は、ウェブマスターハングアウトでWebサイトの速度が将来的に、よりきめ細やかな方法でランキング要因となる可能性があることを伝えた。

実際に影響を受けるウェブサイトは超低速サイトのみですが、現時点で全サイトをモバイルファーストインデックス(MFI)へ移行する計画が出されている以上、無視することはできない。

心配な方は一度「PageSpeed Insights – Google Developers」で特にスマホスピードを確認してほしい。

 

Google検索は3月16日頃から変動している?

Google検索は3月16日頃から変動している?

重要度:★★☆☆☆2

Googleの検索が3月16日(月)から現在にかけて、更新が継続されている可能性があることを「SEARCH ENGINE ROUND TABLE」を運営するバリー・シュワルツ氏が伝えた。

SEOツールの分析では以下の数値が出ている。

ランクレンジャー

ランクレンジャー

SEMRush

SEMRush

実際に少し変動しているWebサイトも日本では見受けられることから、多少アルゴリズムの変更が合ったことが考え得られる。

Googleからの発表は今だになし。

是非、自身のWebサイトの分析に役立ててほしい。

Edit

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*

[Google Ads and peko]

 

SEO対策を考慮したおすすめのレンタルサーバーと選び方