2020年11月からGooglebotがHTTP/2のクロールを開始する

2020年11月からGooglebotがHTTP/2のクロールを開始する

Googleは、2020年11月から「HTTP / 2」を介して一部にクロールを開始するとウェブマスターセントラルブログで発表しました。

「HTTP / 2」のプロセスを同日から少数のサイトで初め、徐々に多くのサイトをサポートしていく予定となっており、直接ランク付けの利点がないことをGoogleは伝えています。

また、Googleの「Ilya Grigorik氏」は、HTTP / 2に対して以下のように説明しています。

HTTP/2 によって、以前にアプリケーション内に組み込んだ多くの HTTP/1.1 の回避策を元に戻し、トランスポート層自体の懸念事項に対処できるようになり、アプリケーションを高速化、簡素化、堅牢化できます。この 3 つを同時に実現できるのはまれなことです。 さらにすばらしいことに、アプリケーションを最適化してパフォーマンス向上をするまったく新しいチャンスも開かれます。

アプリケーションの高速化、簡素化、堅牢化によって、ウェブサイトやアプリケーションにもたらす恩恵は多いですが、このHTTP / 2をクロールする件に関しては、SEOのメリット(Googleのランク付けのメリット)はありません

Googleは2015年頃からHTTP / 2をサポートの一部開始を説明しており、HTTP/2を取り組むことは無駄にはならないと説明していましたが、5年たちやっとHTTP / 2のクロールを行うことを実現した。

HTTP / 2とは?簡単に説明

まず、HTTPとは「Hyper Text Transfer Protocol(ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)」の略で、WebブラウザがWebサーバーと通信する際に利用される通信プロトコルです。

インターネットをする場合、当たり前にHTTPを利用していますが、初期のバージョンは1990年頃に開発されたHTTP / 0.9となります。

現在は「HTTP / 1.1」が支流として利用されている場合が多いと言えます。

HTTP / 2は、HTTP / 1.1の最新バージョンであり、2015年に公開され、現在ではHTTP / 2の最新バージョンとなる「HTTP / 3」も公開されている。

HTTP / 2の特長について

HTTP / 1.1の最新バージョンである、HTTP / 2の特長は、Webページの読み込み速度が向上する(クロールが効率化する)点にあります。

以下、カゴヤのサーバー研究所が分かりやすく説明している図を確認してみましょう。

HTTP / 2の特長

現在のHTTP / 1.1と比較し、HTTP / 2の利点を説明すると、

  • 1つのリクエスト処理しかできなかったが複数リクエスト処理が可能になる
  • リクエストをまとめることが可能になる
  • 画像、CSS、JavaScriptなどが一斉にリクエストできるようになる

などの利点があり、結果的にWebページの読み込み速度が向上します。

特に、

  • 1つのコンテンツがドメインのサーバーによって集約されているWebサイト
  • コンテンツ量が多いWebサイト

などに効果的となります。

さらに詳しい仕組みや導入方法については、

などの記事が役立ちますので開発者は確認してみましょう。

HTTP / 2 に関する質問事項

少し専門的なHTTP / 2に関する質問事項をまとめてみましたので、気になる方は確認してください。

HTTP / 2の通信を行うのにはどうしたら良いですか?

現在利用しているサーバー(ホスティングサービス)に依存します。そのため、現在利用しているサーバーを確認してみてください。

また、具体的なHTTP / 2の導入に関しては専門的になるので割愛します。

HTTP / 2を利用しない場合はどうなるか?

「もしあなたのサーバーがまだHTTP / 1.1しか話さないのなら、それも問題ない」とGoogleは書いている。グーグルは言った「このプロトコルを介してクロールするための明確な欠点はありません。クロールは品質、量の点で同じままです。」

HTTP / 2通信をサポートしているか確認する方法はありますか?

運営するサイトがHTTP / 2通信をサポートしてるか確認方法はいくつかありますが、こちらの「HTTP/2 Test」が一番簡単です。

運営するウェブサイトのURLを入れると、以下のような文章が出ます。

HTTP / 2通信をサポートしているか確認する方法

当サイトで利用しているレンタルサーバーはHTTP / 2通信をサポートしていました。

HTTP / 2に切り替えた場合どうなりますか?

Googleは、HTTP / 2クロールに切り替えると、Google Search Consoleにメッセージを表示する可能性があるそうです。

ただ、可能性のため現在は不明です。

最後に

「HTTP / 2」は直接SEO(Googleのランク付け)に影響がないものの、現在のHTTP / 1.1よりもWebページの読み込み速度が向上する(クロールが効率化する)ため、導入することにはデメリットがないでしょう。

処理速度やWebサイトの読み込み速度などは、利用しているサーバーにも関係が出てくるため、SEOもサーバー選びが今後重要になりそうです。

特に専門知識がない方の場合は、様々確認して比較しながらサーバーを選択しましょう。

Edit

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*

[Google Ads and peko]

 

SEO対策を考慮したおすすめのレンタルサーバーと選び方