10月2日にGoogle検索で一部のURLに対してインデックスの問題が発生していることを発表

10月2日にGoogle検索で一部のURLに対してインデックスの問題が発生していることを発表

Googleは公式Twitter「@searchliaison」で一部のURLに対してインデックスの問題が発生していることを日本時間2020年10月2日(AM8:09分)に発表しました。

説明によるとGoogle検索でのインデックスの問題としては、

  • モバイルインデックスでの問題
  • 重複コンテンツに対して正規化処理をするインデックスの問題

この2つの問題が発生しているようで、いずれもGoogle検索でインデックス登録をされていない可能性があるようです。

つまり、Google検索で圏外となっているはずです。(すべてのウェブページではなく、一部のURLに限定されています。)

もし、問題があなたのウェブサイトやウェブページで発生していた場合は、何も行う必要はなく、Googleが現在解決に取り組んでいます

【追記】

日本時間の10月9日に、モバイルインデックスは99%が解決し、影響を受けたURLの約55%が復元されていることをGoogle公式Twitterで発表しました。

(翻訳)更新:モバイルインデックスは昨日効果的に解決され、URLの約99%が復元されました。影響を受けたURLの約55%が復元され、標準的な問題への取り組みが続けられています。

まだ、完全に解決したわけではなさそうですが、影響はほぼなくなったと言って良いでしょう。

Googleの公式Twitterまとめ

Googleの公式Twitter「@searchliaison」で今回の「一部のURLに対してインデックスの問題が発生」している件のツイートをまとめています。

(翻訳)現在、一部のURLに影響を与えている2つの個別のインデックス作成の問題の解決に取り組んでいます。1つはモバイルインデックス作成です。もう1つは、正規化、つまり重複コンテンツを検出して処理する方法です。いずれの場合も、ページはインデックスに登録されていない可能性があります。

(翻訳)以前にインデックスが作成されたページがなくなった場合は、モバイルインデックスの問題である可能性があり、インデックスを作成するページをまったく選択できません。正規の問題が関係している場合、URLインスペクターはURLを重複として表示する可能性があり、Googleが選択した正規はそれとは異なります…。

(翻訳)サイト所有者の側では、これらの問題に対して実行するアクションはありません。ここで問題をお詫びし、迅速に解決に取り組んでいます。それぞれが修正されるたびに、このスレッドを更新します。

Edit

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*

[Google Ads and peko]

 

SEO対策を考慮したおすすめのレンタルサーバーと選び方