ファビコン(favicon)の設定はOK?GoogleはPCでも検索結果にも表示する

GoogleはTwitterの公式アカウントで、PC(ディスクトップ)の検索結果にもファビコン(favicon)を表示することを報告した。

ファビコン(favicon)とは、ウェブサイトのシンボルマーク・イメージとして設置するアイコンであり、以下の検索結果のように今週中に表示される予定だ。(現時点ではまだ表示されていない。)

GoogleがPC(ディスクトップ)の検索結果にもファビコン(favicon)を表示

(出典:Google SearchLiaison

Titterを利用するユーザーの意見では、

  • 広告とオーガニック検索の見分けがつかない
  • 区別できないようにしている
  • そんなに広告で稼ぎたいのか?
  • このGoogleの対応は不誠実に見える

などのネガティブな反応が多い印象だ。(以下は発信されたTwitter)

(Google翻訳)昨年、モバイルでの検索結果が一新されました。今週はデスクトップの結果にロールアウトされ、サイトのドメイン名とブランドアイコンが目立つように表示され、広告の太字の「広告」ラベルが表示されます。

すでに、スマートフォンでは2019年5月頃に導入されており、スマートフォンのモバイル検索では以下のように表示される。

スマホ Google検索結果にもファビコン(favicon)を表示

Googleを利用するユーザーは果たして広告とオーガニック検索の見分けがついているのであろうか。

所感

すでにスマートフォンにファビコン(favicon)が表示されていることから、SEOを行っているウェブサイトでは未設定のサイトが少ないと言える。

間違えないでいただきたいのは、ファビコン(favicon)の設定を行ったからと言ってGoogleから何らかの恩恵(SEOの上位表示など)が受けられるわけではない

しかし、ファビコンは少なからずGoogle検索で調べるユーザーの目にとまり、

  • このサイトの情報は信用できるので見ようかな
  • このサイトは情報が悪いので見ないようにしよう
  • お気に入り登録の目印となる

など、ユーザー行動を補助する役割が少なからずあるため、未設定の場合やウェブサイトのブランディングを考える場合は必ず設定しておこう。

個人的だが、WordPressで簡単にファビコン(favicon)を設定したいなら、すべてのデバイスに対応している「Favicon by RealFaviconGenerator」がお勧めだ。

通常に設定する場合はGoogleガイドライン「検索結果に表示されるファビコンを定義する」が役に立つだろう。

 

また、今回の変更は個人的に広告とオーガニック検索との違いや区別がつきにくくなるものだと考えており、Googleの狙いはそこにあるのではないかと思う。

Googleの公式サイト「緻密に精査する」の中には、以下の記述がある。

Google 検索を利用したとき、検索結果に広告が表示されることがあります。Google では、有料広告とオーガニック検索結果の違いを明らかに示すことが重要であると考えています。そこで、広告には「広告」というラベルを明示して、検索結果ページのその他の検索結果と簡単に区別できるようにしています。
Google検索 広告との区別

  • Google検索は違いを明らかにできているのか?
  • Google検索は他の検索結果と簡単に区別できているのか?

謎が残る印象だ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です