Search Consoleのガバレッジに Google検索の更新情報が追加された

Search Consoleのガバレッジ Google 検索の更新情報

2019年12月15日付けでSearch Consoleのガバレッジに「Google 検索の更新情報:Google 検索で、サイトのデータに影響を与える可能性のあるイベントが発生しました。」というコメントが追加された。(上画像参照)

詳細を見る」リンクから更新情報が分かるのだが、非常に分かりにくいため、以下で説明していく。

Search Consoleヘルプの公式ページには、以下のように記載している。

2019年12月15日以降
インデックスカバレッジレポートは、インデックス付きページについてより正確にレポートできるようになりました。このため、クロールされた一部のページ-現在インデックスが作成されていないページは、インデックスが作成されていることが判明しています。その結果、ページがExcludedからValid状態に移行することがあります。これはサイトの変更を反映するのではなく、より正確な会計システムを反映します。(Google翻訳)

結論からお伝えすると、サイト管理者や運営者として今回何もすることはない

変更点としては、Search Console内の

  • ガバレッジの「クロール済み―インデックス未登録」のページが解消された可能性がある
  • 上記が改善されたため、ガバレッジのインデックスの登録数が増えている可能性がある
  • Search Console内のデータが変更されたのみで、ウェブサイトに与える影響はない

この3点がポイントと言える。

クロール済み―インデックス未登録

クロール済み―インデックス未登録」に関しては、当サイトでも説明しているが、Googleに一度はクロールされたが、インデックスに登録されていないページが除外されている状態である。

ウェブサイトの運営者として、大きく悩んでいた方も多い項目ではないであろうか。実際に「クロール済み―インデックス未登録」のデータを確認してみると以下の通りだ。

クロール済み―インデックス未登録

12月15日のデータを確認すると、該当ページの箇所が大幅に減っていることが分かる。

さらに、「ガバレッジ―有効」になっている数値を確認(以下画像)すると、有効数が上がっていることも分かる。

ガバレッジ―有効

また、公式Twitterでもアナウンスがされている。

12月15日から、インデックスカバレッジレポートはインデックス付きページについてより正確にレポートできるようになりました。このため、「クロールされた-現在インデックスが作成されていない」ページの一部は、インデックスが作成されていることがわかっています。このレポートにはチャート通知が表示されます。(Google翻訳)

 

クロール済み―インデックス未登録のままのページはどうするの?

上記のデータを確認した場合、すべての「クロール済み―インデックス未登録」のページが「有効」になったわけではない。

そのため、「クロール済み―インデックス未登録」を何とかすべて解消したいと思うのも必然と言える。そのための対処方法を掲載しておく。

 

(1)インデックス未登録のページをまずは確認する

「クロール済み―インデックス未登録」のページは同じく「Search Consoleの検索部分:「URL」内のすべてのURLを検証」で確認することが出来る。

そのため、本来インデックスされたいページを発見した場合は「Search Console」で調べることがまずは基本となる。

Search Consoleの検索部分:「URL」内のすべてのURLを検証

上画像のように、Googleに登録されていない場合は、「インデックス登録をリクエスト」することで解消につながる可能性はある。

ただし、すべての「クロール済み―インデックス未登録」のインデックスが必要かどうかは必ず見極める必要がある。

 

(2)「site:URL」の検索は正確ではないため注意

Search Consoleでの検証は手間がかかるため、「site:URL」の検索を行いインデックス確認したくなるが、表示されるデータは正確ではない

そのため、「Search Console」で調べていくことをお勧めする。

 

(3)その他

「クロール済み – インデックス未登録」がそもそも分からない場合、当サイトの「クロール済み―インデックス未登録」を一度確認してほしい。

 

最後に:所感・まとめ

繰り返しにはなるが今回、Search Consoleのガバレッジに Google検索の更新情報が更新されたが、

  • Search Console内のデータが変更されたのみで、ウェブサイトに与える影響はないこと
  • Search Consoleでより正確にデータを確認できるようになったこと

以上が今回のポイントとなる。

ウェブ管理者や担当者として行うことはなく、データがより正確になったと考えておこう。