Googleが2020年1月のコアアップデートを日本時間1月14日に実施!数日中に展開する

GoogleはTwitter公式アカウントの「@searchliaison」で本日(日本時間2020年1月14日)にコアアルゴリズムのアップデート(更新をリリース)することを告知しました。

Googleは上記の更新を「2020年1月のコアアップデート」と呼び、詳細については「Googleのコアアップデートについてウェブマスターが知っておくべきこと」を参照するように促しました。(以下、Twitter参照)

(Google翻訳)本日後半に、年に数回行うように、広範なコアアルゴリズムの更新をリリースします。これは、2020年1月のコアアップデートと呼ばれます。このような更新に関するガイダンスは、以前に説明したとおりです。詳細については、このブログ投稿を参照してください。

(Google翻訳)2020年1月のコアアップデートは現在公開されており、今後数日間でさまざまなデータセンターに展開されます。

上記のTwitterを見る限り、すでにGoogleの2020年1月のコアアップデートは展開されており、今現在から、今後数日にわたって日本の検索エンジンに変動が起きているはずである。

所感

前回のコアアップデートは(2018年)3月頃に行われ、今回の2020年1月のコアアップデートは思ったより早いリリースだった。(そのため、3月や6月にもう一度コアアップデートがあるのではないかと言う意見もうなずける。)

Googleのコアアップデートが起きるたび、Googleも含め「静観する」「様子見する」などの言葉を伝えてくるSEOメディアが多い。

それらのメディアは、基本的に自社でウェブサイトを運営したこともなく、アップデートに関係ないメディアたちだ。

そのため、無責任に静観することを伝えられるのだ。

実際に運営しているウェブ管理者はそうはいかない。

私は、コアアップデートが起きた場合、どのような部分に影響があったのかをまずは確認することに注力し、今後のコンテンツの考え方、Googleの考え方を把握していくことが重要だと考えている。

つまり、

  • Googleの判断基準の確認
  • コンテンツの品質を確認

など、いち早く確認し、間違った修正方法を行わないことが大切だ。(慣れている方は「Google のコアアップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと」を改めて確認しておこう。)

もちろん、私はGoogleが好むようなコンテンツを作成し続ける必要はないと考えている。

しかし、Googleからのユーザー流入を検討する場合、Googleがどのような考え方で今回のコアアップデートを行ったのか、把握しなければならないし、静観していても未来は見えない。

是非、静観するのではなく、「どのようなに検索エンジンは変化したのか」「自身のコンテンツの品質はどうなのか」「間違った修正はしていないか」などをチェックしてほしい。

【追加】

2020年1月14日、14時28分時点では、まだ大きな変動は見受けられていないようだ。

続きの記事は、

を確認。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です