注意:2020年9月23日・24日にGoogle検索の変動の初期兆候が見られる

「SEARCH ENGINE ROUND TABLE」を運営するバリー・シュワルツ氏は、2020年9月23日に、SEO変動ツールとSEOのコミュニティの中で、Google検索のランキングアルゴリズム更新の初期兆候が見られ、Google検索が変動していることを伝えました。

SEO変動ツールの「SEMRush」のデータは以下の通りです。

※記事引用元:Early Signs Of A Google Search Algorithm Ranking Update On September 23rd

SEO変動ツールの「SEMRush」

(米国)9月23日に、9.0まで上昇しており、日本では9月24日に8.6まで上昇しています。

芸術とエンターテイメント9.3
自動車および車両9.1
美容とフィットネス9.2
書籍と文学7.6
ビジネスおよび産業9.1
コンピューター&エレクトロニクス9.0
ファイナンス8.9
食べ物飲み物7.9
ゲーム9.0
健康9.0
趣味とレジャー8.7
ホーム&ガーデン8.4
インターネット&テレコム9.1
仕事と教育9.2
法律と政府9.1
ニュース9.4
オンラインコミュニティ9.1
人と社会8.9
ペットと動物9.1
不動産7.0
ショッピング9.0
スポーツ9.4
トラベル7.8

全体的に変動していますが、特にジャンルとしては美容やスポーツ、ニュースなので、高い変動値が出ている状態です。

その他のSEO変動ツール「Cognitive SEO」「RankRanger」「Accuranker」「Algoroo」「Mozcast」などでも同様の変動値が見られています。

また、米国のユーザーの声は以下のとなります。

とにかく、SEO変動ツールがやや急上昇しているのが分かります。

今朝、特にモバイルでシフトが見られます。

一部のクエリで奇妙で無関係な結果が表示されます。

こっちも一緒(一部のクエリで奇妙で無関係な結果)。普段よりおかしい。また、Search Consoleのダウンに関する苦情も確認しています。

最初にトラフィックが大幅に減少し70%が失われ、回復できなかったため、トラフィックの50-60%が再び失われたため、過去2日間のWebサイトに400以上の記事があり、多くのお金と時間を投資した今は何の役にも立たない。

5月5日の更新でトラフィックの50%を失った(2.4から5.7の平均ランキングから一晩で減少した。先週の時点で70%減少した(8.1の場合は平均ランク)。業界(eコマース、ゲーム)で私が見ている分母は、海外の(主に中国の)サイトが大幅に増加している一方で、すべての米国のサイトが衰退していることです。

所感・考察

日本でも起きているであろう、Google検索の今回の変動はおそらく大幅なアップデート(コアアップデート)やアップデートの兆候ではないのではないであろうか。

2020年9月15日から17日にかけてGoogle検索の変動が続いている」でもご紹介しましたが、最近Google検索内での変動は顕著で、何かテストをしているようにも感じます。

そういった意味でアップデートの兆候ではありますが、Googleからの公式発表はもちろんないので、事実は分かりません。

コアアップデートに備えて、「GoogleのE-A-Tとは?専門性・権威性・信頼性の対策と12つの具体的手法」の対策を進めておきましょう。

Edit

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*

[Google Ads and peko]

 

SEO対策を考慮したおすすめのレンタルサーバーと選び方