Google変動間近!コアアップデートの影響は計り知れない!?日本はまだ!海外の反応は?

Google変動間近!コアアップデートの影響は計り知れない!?日本はまだ!海外の反応は?

Googleが2020年1月のコアアップデートの更新を告知してから1日が経過し、まだ日本では大きな影響は出ていないのではないだろうか。

海外のSEOツール「SEMrush Sensor US版」では、2020年1月14日の変動値は8.0と「2020年1月8日にGoogle変動!?ランキングアルゴリズムが更新された可能性あり」の記事で紹介した5.7よりも大きな影響を及ぼしている。(下画像参照)

Googleコアアップデート(米国) 2020年1月14日の変動値は8.0

全てのWebサイトカテゴリーでは8.0となっているが、(Webサイト)カテゴリー別に確認すると以下の通りだ。

  • オンラインコミュニティ:9.4
  • ゲーム:9.3
  • ニュース:9.3
  • 芸術とエンターテイメント:9.1
  • ファイナンス:9.1
  • 飲食:9.1
  • 法と政府:8.9
  • スポーツ:8.9
  • ショッピング:8.6
  • 自動車と車両:8.3
  • 美容とフィットネス:8.3
  • インターネットとテレコム:8.0
  • コンピューターと電子機器:7.9
  • ペットと動物:7.9
  • 健康:7.8
  • 仕事と教育:7.6
  • 科学:7.6
  • 人と社会:7.5
  • ビジネスおよび産業:7.2
  • リファレンス:6.9
  • ホーム&ガーデン:6.6
  • 不動産:6.6
  • 旅行:6.4
  • 趣味とレジャー:6.2
  • 本と文学:4.6

一方、同じSEOツール「SEMrush Sensor 日本版」では、2020年1月14日の変動は3.0とGoogleの変動は14日時点では起こっていないとなっている。

Googleコアアップデート 日本版の変動値

本日(15日)・明日(16日)に大きな変動が日本でも起こることは間違いない

そのため、ウェブ担当者の方や自社サイトを運営している方は、変動を注意深く確認しておこう。

【追記】

15日の「SEMrush Sensor 日本版」のデータが更新され、9.3を記録。(以下画像参照)

Google コアアップデート変動値

海外の反応は?(マイナスの影響)

2020年1月のコアアップデートが行われた、海外のマイナスの反応を以下に記載しておく。(参照:「SEARCH ENGINE ROUND TABLE」)

(以下、Google翻訳で転記)

1月13日の夕方頃から、Google検索の訪問者は1人もいません。痛い。

(Googleコアアップデートの)更新プログラムが公開されてから2時間後、私たちは、新鮮で専門的なコンテンツを含め、全面的にすべて順位を落としています。不快ですが、それは現実です。もっと頑張る必要があります。

今朝、私たちの最も安定したキーワードのいくつかに大きな変更が行われました。これがこのまま固定されないことを願っています。

12月11日にSEOのトラフィックが60%減少し、今日(14日)30%をさらに落としました。

海外の反応は?(プラスの影響)

海外で良い反応が出た方の反応をTwitterからまとめています。

ああ!Googleコアアルゴリズムの更新と出会えて良かった。

 

今日、私(ヒンズー語)のファイナンスに関するブログページへの読み込みは2倍になっています。

日本の反応は?(追記)

日本でもTwitterから変動を確認した人が見受けられるため、以下で追記します。

(勝手に引用してすみません。)

所感

Googleのコアアップデートにより、順位が上り、トラフィックが増えるサイトもあれば、順位が下がり、トラフィックが減るサイトもあるだろう。

現時点で日本では影響がそこまで大きく見られていないことが現状だ。

焦ることなく、変動を確認しこれからのSEOに役立ててほしい。

また、対応に困った場合は「Googleが2020年1月のコアアップデートを日本時間1月14日に実施!数日中に展開する」を読み進めながら、自社や自分が運営するサイトの対策に役立ててほしい。

【追記】

日本でGoogleの変動が起きているジャンルは、

  • 医療系(いつものことです)
  • 美容系(いつものことです)
  • 飲食系
  • 教育系
  • 金融系

への影響が大きくなっているよう。

(皆様のコメントお待ちしております。)

Edit

コメント

メールアドレスは非公開情報です。必須項目: *

*

[Google Ads and peko]

 

SEO対策を考慮したおすすめのレンタルサーバーと選び方